神奈川県横浜市で配管の工事を行いました

2019/06/29 ブログ

神奈川県横浜市で、配管の工事を行いました。

 

横浜市鶴見区の戸建て住宅で、給水配管の引き直し工事でした。

 

家の敷地内にある水道メーターから各蛇口までの配管を引き直す作業です。

 

既存の配管は、掘り返したり壁の中の配管を取り出す方が、手間と費用が掛かるので埋め殺します。

 

【給水配管の全経路引き直し作業】

 

【部分補修ができることも多いです】

 

豆知識「耐衝撃性塩ビ管HIVP」ってなに?

 

豆知識「架橋ポリ」ってなに?

 

豆知識「保温材とキャンバステープ」ってなに?

 

豆知識「保温材へのキャンバステープの巻き方」って?

 

●神奈川水道(水道局指定工事店)~弊社について~

【給水配管の全経路引き直し作業】

 

 

①水道メーターから家まで

 

耐衝撃性塩ビ管(HIVP)のメーターソケットを、水道メーターに接続し、水道メーターから家まで・家の外周の地面が土の場合、出来る限り見えないように埋設配管にします。

 

 

②家の中へは外壁に穴を開けて通す

 

各蛇口を取り付ける位置の壁に穴を開け、そこまで給水配管を引っ張っていきます。また、給湯器へも配管します。

 

エルボ、チーズ、ソケットなどの継手を使い、最短距離で配管を引っ張ります。この、どういうコースで配管をひっぱるかが、この工事の重要ポイントです。

 

 

③配管する時に大事な事

 

壁に這わせる場合は、冬場に管が割れないように保温材の中に管を入れて、壁にバンドで固定します。

 

家の中の床下に配管を這わせることが出来る場合は、家の中は架橋ポリ管を使用することもあります。

 

家の外は架橋ポリ管は使用不可です(紫外線で劣化する為)

【部分補修ができることも多いです】

 

配管が水漏れや詰まりを起こした場合に部分補修ができる場合は、配管を切断して新しく交換する必要が有る場合があります。

 

その際に給水か給湯か排水かどうかで、管の径や種類がそれぞれことなりますので管を確認してお伝えください。

豆知識「耐衝撃性塩ビ管HIVP」ってなに?

 

正式名称「耐衝撃性硬質ポリ塩化ビニル管」と呼ばれます。

 

その名の通り、耐衝撃性に優れた水道用給水管で、外気温が低い時に割れやすい、VP管の性質を改善しています。

 

よって、冬期など寒い時期での不測の衝撃(地震など)による管の破損を、最小限に抑える効果が期待できます。(ベストパーツより引用)
色は黒です。

豆知識「架橋ポリ」ってなに?

 

正式名称「架橋ポリエチレン管」といい、ポリエチレンの弱点を克服させた化学反応により熱にも強くなったというパイプです。

 

現在のマンションなどの配水管の主流となっています。保温材がもともと付いていて、その色でお湯か水かを識別しやすく、柔軟性もあるので、ちょっと固いホースのようなイメージで、急な角度には継ぎ手を使いますが、継ぎ手を使わずにカーブさせたりできます。

 

ただし、屋外には使用できないので注意が必要です。(紫外線に弱いです)

豆知識「保温材とキャンバステープ」ってなに?

 

・保温材とは、屋外に給水管を配管する場合、凍結や直射日光による配管の劣化などを防ぐ為に施される、被覆です。電化製品を買うと衝撃を防ぐ為に周りに置かれていたり、巻かれていたり、包まれていたりする発泡スチロールに似た素材で出来ています。

 

 

・キャンバステープとは、保温材に巻く、包帯のような形をしているテープ(粘着性はある・なしがある)です。キャンバステープを巻くことで、保温材の劣化を遅らせることも出来ますし、化粧を施すことにもなるので、見た目が良くなります。

 

 

最近は、「ワンタッチ・ポリエチレンフォーム」という保温材とキャンバステープが一体となっているような、その名の通り”ワンタッチ”で被覆が出来る素材も出来ていますが、曲がりなど細かい部分には向いていないので、TPOで使い分けています。

豆知識「保温材へのキャンバステープの巻き方」って?

 

保温材は、基本的に「発泡ポリエチレン(発泡スチロールと似ている)」で出来ている、パイプのサイズに合った丸い筒状のものを使用しています。

 

まず、保温材を屋外配管(継ぎ手を含む)に巻き、そこへ、テーピングテープのような形に巻いてあるキャンバステープを巻きます。

 

巻き方は、半分ずつ重ねるように、斜めにグルグルと巻くだけです。

 

継ぎ手の部分は、保温材が出ないように気を付けて、念入りに巻きます。

 

気を付けたいのが、上から水が流れてきた時、継ぎ目から水が入らないように、下から上へ巻くことと、継ぎ手などの細かい部分は、下部から上部へ重ねていくことです。

 

キャンバステープについてはコチラもご参考に。「ベストなパーツHP」 

【家もメンテナンスが必要です】

 

戸建て住宅の場合は、家自体の管理もメンテナンスも、ご自身で行わなければなりません。

 

10年以上、下水管を洗っていない戸建て住宅だと、排水管に詰まりが出てしまい、高圧洗浄で排水管を洗うと、結構油脂が出てきます。

 

また、水回りの製品も永遠に使用できるものではありません。リフォームなども、築20年経たない内にご検討されると良いかと思います。

 

その、メンテナンスの時期や間隔も、販売した住宅メーカーや不動産などが教えてくれるといいのですが、なかなか難しいのが現状のようです。

 

この記事を見て、自分の家はどうなんだろうと思った方、「戸建て住宅 メンテナンス」で検索すると、色々な不動産や住宅メーカーがアドバイスしているサイトがヒットしますので、是非、ご自分に合った方法を見つけて下さい。

 

分譲マンションの場合は、管理費で毎年洗っています。もし、そのような事がないと思った方は、管理組合に問い合わせてください。
(参考:スーモ
 

豆知識「ホールソー」ってなに?

 

DIYでもよく使われる木材・金属材、樹脂材、これらに穴を簡単に開けられるのがホールソーです。

 

ホールソーとは円状になった刃のようなものです。円柱の形をしているビットの下部分の円状部が刃になっています。反対側(上部)は差込口のようになっています。

 

ビットのため、ホールソー単体で使用することはできません。使い方の仕組みとしては、電動ドリルのドリルにホールソーを取り付けます。

 

そのドリルが回ることでホールソーが一緒に回るという仕組みです。ホールソーの取り付けは手動、そして作業も手動(ドリルまたはインパクトを使用)です。

 

円柱型のホールソーが一般的ですが、円柱型のサイズには様々な種類があります。直径が大きく高さが低い種類のホールソーから小さい直径で高さが高い種類など、様々です。

 

ホールソーの使用用途は材料に穴を開けることです。円柱形のビット下部が刃になっているので、これをドリルで回すことで材料の一部分を円状に切り落とし、穴を開けられるのです。ホールソーを使用すれば、寸法に狂いの無い、正確な穴開けが可能となります。
(引用:暮らし~の

配管引き直し工事とは?

配管を新しいものに交換する交換工事ではなく、新たに配管を引き直すのが配管引き直し工事です。

配管引き直し工事はあまり行われないため交換工事との違いがわからない人も少なくはないです。

ここからは配管工事が具体的にどういったものなのかお教えいたします。

元々の配管ルートとは別で配管を引ける

何らかの理由で配管を引き直す必要が出てきた際に行われる配管引き直し工事では、元の配管を無視して配管を引き直します。

そのため配管を新たに設置していくための工事が伴う形になります。

場所や自宅の構造にもよりますが、基本的には配管交換工事よりも高い費用がかかってきますね。

特定条件下では引き直し工事のほうが良い

交換工事のほうが安くなることが多いですが、以下のような条件下の場合は引き直し工事のほうが良いです。

  • 配管の使用が50年を超えている
  • 漏水発生場所を修理することが不可能
  • 数年内に繰り返し漏水が発生している

長くても30年ぐらいしか保たない配管を50年も使っていたり、漏水箇所の修理が不可能といった場合は引き直し工事のほうが良いです。

また数年内に繰り返し漏水が発生しているといった状況なら、交換工事をするより引き直し工事のほうが安全かつやすくなる可能性があります。

配管引き直し工事のメリット

引き直し工事のメリットとしては、漏水調査の費用が無いことや新しい配管であるため漏水の心配がないといった安全面などもあります。

また新たに配管を引き直すため、水道管なら蛇口の位置を変更といったことなどができちゃいます。

また蛇口を使いやすい場所に増やしたいといった蛇口の親切も引き直し工事のついでに行うことが可能です。

配管引き直し工事のデメリット

デメリットとしては交換工事ではなく修理で済む場合と比較すると費用が高くなってしまうことなどです。

また埋設工事ではなく露出配管になってしまうので、見栄えがよくなくなってしまうといった点もありますね。

露出配管の場合配管の分だけスペースもとられるので、業者とよく相談して決める必要がありますね。

おすすめ記事

マンションのオーナー様向けの記事などもありますので、興味あれば読んでみてください。

賃貸の給排水管で起こった錆を放置することの危険性

マンションで断水が起こった原因や対策・賃料の減額や補償に関してまでご紹介

●神奈川水道(水道局指定工事店)~弊社について~

【弊社作業内容】
一戸建て・マンション・店舗においてキッチン(台所、厨房)、トイレ、浴室、洗面所、洗濯等の水道トラブルを熟練のスタッフが丁寧に修理しますので安心してお任せください。
配管の水漏れを修理をしたい、配管の引き直しをしたい、下水つまりの解消、下水管を修理したい等のご要望も、高い技術で信頼と実績がございます。


【その他の作業】
階下漏水や屋外の水栓柱・散水栓の水漏れ(土、コンクリート)、蛇口の修理・交換、トイレの修理・交換、洗面化粧台交換、製氷機の設置等にもスピーディーに対応します。


【お見積り】
ご相談・お見積りは無料で、お気軽にご相談下さい。
出来るだけご希望金額に沿えるように致します。


【営業時間】
年中無休で9~23時まで営業しておりますので、電話またはお問い合わせメールより、お気軽にご連絡ください。(場合によっては夜間対応も実施します)
現場をみて無料でお見積り致します。予定が空いていれば即日対応致します。


【資格】
給水装置工事主任技術者の資格を有しています。


水道局指定工事店です。

◆県営水道指定給水装置工事事業者(茅ヶ崎市)認定番号3021


・対応地域
神奈川県全域を対応致します。

【政令都市】横浜市、川崎市、相模原市

【横須賀三浦地域】横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町

【県央地域】厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村

【湘南地域】平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町

【県西地域】小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町

日程の都合がつけば、静岡県東部や東京都内も対応しますのでお気軽にお問合せ下さい。

現場を見て最適な方法をご提案いたします。

水道トラブルでお困りの際は神奈川水道へお問合せ下さい。