【配管補修】給水管の補修を行いました(神奈川県大和市)

2019/07/04 ブログ

神奈川県大和市で、配管の施工を行いました。

 

大和市上草柳のアパートから水漏れでした。

 

水道管が水漏れしていたので、給水管の補修を行いました。

 

【給水配管の補修】

 

【給水配管の全面引き直しになるケース】

 

【配管の全引き直しお見積り項目】

 

豆知識「思わぬトラブルを避けるために」

 

●神奈川水道(水道局指定工事店)~弊社について~

【給水配管の補修】

 

配管水漏れの場合、漏れている箇所の両端を切断し、新規の給水管を接続し直します。

 

給水管はHIVP塩ビ管か架橋ポリ管を使用し、屋外の場合は管の接続後に保温材を巻きます。

 

保温材を巻くことで冬場の凍結を緩和します。

 

壁などにはバンドをすることで配管を固定します。

 

最後に通水して、水漏れが無いか確認して完了です。

【給水配管の全面引き直しになるケース】

 

また、補修ができる位置であればいいですが、給水管漏水は補修が出来ない場合が多いです。

 

壁の中や床下、地面などで作業が出来るスペースが無い場合、あるいは水道メーターのパイロット(羽根車)が回って水漏れしているが、漏れている箇所はわからない場合です。

 

この場合は、水道メーターから各蛇口まで新規に給水配管を引き直します。

 

水道メーターにメーターソケットを付けて、耐衝撃性塩ビ管HIVPか、屋内は架橋ポリ管で引き直します。

 

既存の給水配管は見える位置は撤去して、見えない位置の配管は埋め殺します。

 

作業後、水道メーターを開けて、漏水が無ければ作業完了です。

【配管の全引き直しお見積り項目】

 

 

・水道メーターから住宅までの埋設配管工事

 

 水道メーターから配管を引き直す場合、既存で引いている配管はそのまま(埋め殺す)で新規の配管するか、既存配管を撤去して新規の配管をことも出来ます。

 

 この場合、既存配管を撤去した方が見積もりは高くなります。 

 

 

・給水、給湯を使用している場所の外壁の穴開け工事

 

 給湯配管は、基本的に給湯器に結びなおせば、そこからの配管はすでに繋がっているので完了です。

 

 しかし、給水配管はトイレや洗面所など、水を使用している場所全てに、新規の配管を引かなければなりません。

 

 また、新築の場合、壁の中を通して配管される給水配管ですが、引き直しの場合、ほとんどが外壁沿いに配管する”露出配管”となります。

 

 

・既存の水栓の配管の切り換え工事

 

 既存の配管とつなげてある水栓(蛇口)の配管を。新規の物と取り替えます。これを切り換え工事と呼んでいます。

 

 給湯は切り換え工事の対象外となりますが、給湯配管がされている水栓金具は、給水配管も配管されている事が殆どなので、ほぼすべての水栓金具への工事が見込まれます。

 

 現在、給水・給湯とも塩ビ管を使用して配管しています。従来使用していた鉄管よりも、熱に強い・耐久性があるなどの利点があるためです。

 

 ※その他、架橋ポリという材料もあります。

豆知識「思わぬトラブルを避けるために」

 

皆さん、お問い合わせの時、たくさん水道屋がある中で”神奈川水道”を選んで下さるのに、とても悩んで決められたと思います。その気持ちに応えるためにも、精一杯迅速に対応させて頂こうと、常に努力しています。

 

しかし、いざ現場に行ってみると、その場ですぐ対応できないような部品を使っている配管だったり、お話を聞いていた様子とだいぶ違って、大きな工事になりそうだったりと、その日中に・数時間で対応できない事も多々あります。

 

ご予算もある中で、想定外の金額が掛かってしまう場合もあります。

 

水回りの工事は、予想外のことが多々あります。お電話で「だいたいどれくらい(の金額)掛かりますか?」と聞かれますが、正直ハッキリとはお答えできないのが実情なのです。

 

しかし、工事前でしたら”お見積もりは無料”ですので、他社と見積もりを比較してからの工事依頼で構いません。

 

お急ぎでない場合は、そちらもご検討ください。

豆知識「水道メーター」ってどこにある?

 

戸建て住宅にお住まいの皆さん、ご自宅の水道メーターってどこにあるのか、ご存じでしょうか?

 

水道料金は、2月に1度請求されていますが、何を元に算出しているかは恐らくご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、灯台下暗しとはこの事。

 

ご自宅の水道メーターの場所を知らない方が、結構いらっしゃいます。そして、その水道メーターの見方(読み方)も知らない方も。

 

ぜひ、この機会に水道メーターの位置を確認したり、フタを開けてみて下さい。

 

マンションやアパートにお住まいの方は、玄関ドアの近くにある「メーターボックス」の中に配管も見える形で設置してありますので、こちらも改めて見てみて下さい。

 

こちらのTOTOの「水栓の予備知識」にも詳しく書いてありますので、ぜひご覧ください。

集合住宅(マンション)の水道メーター

 

集合マンションの場合はこのように各部屋ごとに設置されています。

 

子(私設)メーターとは、アパート・マンション・貸ビル等の集合施設において、家主・マンション管理組合・ビルオーナー等の皆様が一括して水道局に支払った水道料金を、入居者やテナントの方の使用量に応じて精算するために設置されたメーターのことをいいます。

(引用:スイドビ

わりと、ご自分で保温材のキャンバステープを巻き直そうとする方がいらっしゃるという事で、専門業者の技が無くても上手く巻く方法を記します。

 

給湯器やエアコンの屋外配管には、保温と結露防止を目的として発泡ポリエチレン製の保温チューブや発泡スチロール製のスチロールカバーなどの保温材が被覆されています。

 

これらの保温材を配管に固定するために用いる保温材用テープは紫外線による劣化が著しく、定期的にテープの巻き直し需要があります。

 

最近では、期待寿命が7年以上もある保温材テープも登場していますが、意匠性を考慮すれば「キャンバステープ」からお選びいただくのがオススメです。

 

キャンバステープも用途によって使い分けますが、主に住宅で経年劣化によるまき直しが必要な個所は限られているので、給湯器周りなどについて説明します。

 

・専門業者は”非粘着型”を使用しますが、ホームセンターでは「粘着型」をお選びください。

 

粘着性がない「キャンバステープ」は、巻回作業中に誤って指から滑り落ちるとばらけて遠くまで転がってしまい取りに行かなければなりません。

 

脚立を使うような高所作業の場合、それは大きいロスタイムになります。難しいようなら専門業者に依頼する事も考えて下さい。

 

テープ表面に特殊加工を施し、万が一落としたりした場合でもバラけないのが「新非粘着テープ」です。こちらも使い勝手が良いので、選択肢に入れて下さい。

 

そして、何よりも”急がず丁寧に”巻くことが、次に巻き直すまでの時間を伸ばしてくれますので、落ち着いてゆっくり巻き直してみて下さい。

豆知識「漏水調査」ってなに?

 

よく相談されるのが、「どこからも水漏れしている様子がないのに、水道メーターのコマがゆっくり回り続けているので、どこかで漏水しているようだ」という内容。

 

給水管は、基本的に壁内や床下・天井裏など、目に見えない場所を通り、水回りへと配管されます。

 

その過程の中で、目に見えない場所から水漏れしていた場合、当然その事実に気付きませんし、水道料もさほど変わらずそこでも気付けません。最終的に「水道メーターのコマ」が回っているかどうかで判断するしかないのです。

 

しかし、ご家庭で使用されるのは、水だけではありません。お風呂など、お湯ももちろん使います。しかし、お湯も水道メーターを通ってきた水から作られるので、水漏れと言っても、お湯の配管経路も疑わなくてはなりません。

 

 

そこで、漏水調査では、まず水道メーターを開けたまま水を止めない状態で、給湯器から各水回り(お湯系統)に配管される元となるバルブを閉めてみます。すると、そこで第一弾の判断が出来ます。

 

・バルブを閉めたら、水道メーターのコマが止まる場合⇒給湯系統が水漏れの原因であると確定。

 

・バルブを閉めても、水道メーターのコマが止まらない場合⇒給水系統に水漏れの原因はあるが、給湯系統に水漏れが無いとは言い切れない。

 

家中の点検口などから確認できる配管系統を調べ、それでも分からなかった場合は、水道メーターからの配管全てを取替える必要が出てきます。

 

その場合でも、一旦給湯器まで配管してバルブを開け、水漏れが無かった場合は、給水系統からの水漏れだと確定できるので、無駄ではありません。

 

その場合、給湯配管はそのままで、給水配管のみを屋外の露出配管で引き直します。

 

もちろん、一部の配管修理で済む場合と違うので、ご予算は多めに見ていただく必要があります。

 

お見積りをお渡ししますので、十分ご検討のうえ、相見積もりも取ってから、配管の引き直し工事をご依頼ください。

 

●神奈川水道(水道局指定工事店)~弊社について~

 

【弊社作業内容】
一戸建て・マンション・店舗においてキッチン(台所、厨房)、トイレ、浴室、洗面所、洗濯等の水道トラブルを熟練のスタッフが丁寧に修理しますので安心してお任せください。
配管の水漏れを修理をしたい、配管の引き直しをしたい、下水つまりの解消、下水管を修理したい等のご要望も、高い技術で信頼と実績がございます。


【その他の作業】
階下漏水や屋外の水栓柱・散水栓の水漏れ(土、コンクリート)、蛇口の修理・交換、トイレの修理・交換、洗面化粧台交換、製氷機の設置等にもスピーディーに対応します。


【お見積り】
ご相談・お見積りは無料で、お気軽にご相談下さい。
出来るだけご希望金額に沿えるように致します。


【営業時間】
年中無休で9~23時まで営業しておりますので、電話またはお問い合わせメールより、お気軽にご連絡ください。(場合によっては夜間対応も実施します)
現場をみて無料でお見積り致します。予定が空いていれば即日対応致します。


【資格】
給水装置工事主任技術者の資格を有しています。


水道局指定工事店です。

◆県営水道指定給水装置工事事業者(茅ヶ崎市)認定番号3021


・対応地域
神奈川県全域を対応致します。

【政令都市】横浜市、川崎市、相模原市

【横須賀三浦地域】横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町

【県央地域】厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村

【湘南地域】平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町

【県西地域】小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町

日程の都合がつけば、静岡県東部や東京都内も対応しますのでお気軽にお問合せ下さい。

現場を見て最適な方法をご提案いたします。

水道トラブルでお困りの際は神奈川水道へお問合せ下さい。

a43bd0c8fa5d3b7672f76091341d..