横浜市南区で給湯器配管の保温材とキャンパステープを巻き直しました

2020/09/14 ブログ
給湯器周りの保温材とキャンパステープ

今回は、アパートの給湯機周りの保温材と、キャンパステープの巻き直し作業を行いました!

 

保温材やキャンパステープは、普段外にさらされているので、日光の紫外線などによって時間が経つと劣化してしまいます。

 

保温材とキャンパステープは、配管を守るためにとても大切なものなので、定期的にチェックしてください。

 

 

 

今回ご依頼をいただいたのは、横浜市南区の賃貸アパートを所有する大家さんで「給湯器周りの保温材とキャンパステープが劣化しているので、新たに巻き直してほしい」というご依頼でした、

 

ご相談をいただいてから弊社のベテランスタッフが現場を確認してみると、配管自体は架橋ポリでできていて、そこからの水漏れはありませんでした。

 

なぜこの部分を確認したかというと、架橋ポリは日光の紫外線によって劣化してしまうからです。

 

もしも劣化して露出していると、そこから穴が開いてしまい、最悪の場合水漏れする可能性があります。

 

なので、この部分はしっかりと確認しなければいけません!

 

 

状況を一通り確認したあとに、大家さんと相談し、ご希望などをしっかりと伺いました。

 

すると、今回に関しては配管をそのままにして、上から直接保温材とキャンパステープを巻き付けてほしいとのことだったので、大家さんのご要望通りに対処することにしました。

 

今回は、管径13㎜と20㎜の保温材を使用しました。

豆知識「保温材とキャンバステープ」ってなに?

 

保温材とは、屋外に給水管を配管する場合、凍結や直射日光による配管の劣化などを防ぐ為に施される、被覆です。

 

電化製品を買うと衝撃を防ぐ為に周りに置かれていたり、巻かれていたり、包まれていたりする発泡スチロールに似た素材で出来ています。

 

 

キャンバステープとは、保温材に巻く、包帯のような形をしているテープ(粘着性はある・なしがある)です。

 

キャンバステープを巻くことで、保温材の劣化を遅らせることも出来ますし、化粧を施すことにもなるので、見た目が良くなります。

 

最近は、「ワンタッチ・ポリエチレンフォーム」という保温材とキャンバステープが一体となっているような、その名の通り”ワンタッチ”で被覆が出来る素材も出来ていますが、曲がりなど細かい部分には向いていないので、TPOで使い分けています。

豆知識「保温材へのキャンバステープの巻き方」って?

 

保温材は、基本的に「発泡ポリエチレン(発泡スチロールと似ている)」で出来ている、パイプのサイズに合った丸い筒状のものを使用しています。

 

まず、保温材を屋外配管(継ぎ手を含む)に巻き、そこへ、テーピングテープのような形に巻いてあるキャンバステープを巻きます。

 

巻き方は、半分ずつ重ねるように、斜めにグルグルと巻くだけです。

 

継ぎ手の部分は、保温材が出ないように気を付けて、念入りに巻きます。

 

気を付けたいのが、上から水が流れてきた時、継ぎ目から水が入らないように、下から上へ巻くことと、継ぎ手などの細かい部分は、下部から上部へ重ねていくことです。

 

キャンバステープについてはコチラもご参考に。「ベストなパーツHP」 

 

割と、ご自分で保温材のキャンバステープを巻き直そうとする方がいらっしゃるという事で、専門業者の技が無くても上手く巻く方法を記します。

 

給湯器やエアコンの屋外配管には、保温と結露防止を目的として発泡ポリエチレン製の保温チューブや発泡スチロール製のスチロールカバーなどの保温材が被覆されています。

 

これらの保温材を配管に固定するために用いる保温材用テープは紫外線による劣化が著しく、定期的にテープの巻き直し需要があります。

 

最近では、期待寿命が7年以上もある保温材テープも登場していますが、意匠性を考慮すれば「キャンバステープ」からお選びいただくのがオススメです。

 

キャンバステープも用途によって使い分けますが、主に住宅で経年劣化によるまき直しが必要な個所は限られているので、給湯器周りなどについて説明します。

 

・専門業者は”非粘着型”を使用しますが、ホームセンターでは「粘着型」をお選びください。

 

粘着性がない「キャンバステープ」は、巻回作業中に誤って指から滑り落ちるとばらけて遠くまで転がってしまい取りに行かなければなりません。

 

脚立を使うような高所作業の場合、それは大きいロスタイムになります。

 

テープ表面に特殊加工を施し、万が一落としたりした場合でもバラけないのが「新非粘着テープ」です。こちらも使い勝手が良いので、選択肢に入れて下さい。

 

そして、何よりも”急がず丁寧に”巻くことが、継ぎに巻き直すまでの時間を伸ばしてくれますので、落ち着いてゆっくり巻き直してみて下さい。

●神奈川水道(水道局指定工事店)~弊社について~


【弊社作業内容】
一戸建て・マンション・店舗においてキッチン(台所、厨房)、トイレ、浴室、洗面所、洗濯等の水道トラブルを熟練のスタッフが丁寧に修理しますので安心してお任せください。
配管の水漏れを修理をしたい、配管の引き直しをしたい、下水つまりの解消、下水管を修理したい等のご要望も、高い技術で信頼と実績がございます。


【その他の作業】
階下漏水や屋外の水栓柱・散水栓の水漏れ(土、コンクリート)、蛇口の修理・交換、トイレの修理・交換、洗面化粧台交換、製氷機の設置等にもスピーディーに対応します。


【お見積り】
ご相談・お見積りは無料で、お気軽にご相談下さい。
出来るだけご希望金額に沿えるように致します。


【営業時間】
年中無休で9~23時まで営業しておりますので、電話またはお問い合わせメールより、お気軽にご連絡ください。(場合によっては夜間対応も実施します)
現場をみて無料でお見積り致します。予定が空いていれば即日対応致します。


【資格】
給水装置工事主任技術者の資格を有しています。


水道局指定工事店です。

◆県営水道指定給水装置工事事業者(茅ヶ崎市)認定番号3021


・対応地域
神奈川県全域を対応致します。

【政令都市】横浜市、川崎市、相模原市

【横須賀三浦地域】横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町

【県央地域】厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村

【湘南地域】平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町

【県西地域】小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町

日程の都合がつけば、静岡県東部や東京都内も対応しますのでお気軽にお問合せ下さい。

現場を見て最適な方法をご提案いたします。

水道トラブルでお困りの際は神奈川水道へお問合せ下さい。