川崎市中原区で高所の管の水漏れを修理しました

2020/09/17 ブログ
高所の管の修理

今回は、高所にある排水管の水漏れを解決しました!

 

排水管のトラブルは、屋内だけではなく屋外でも起こります。

今回のご依頼は、とても参考になる部分が多いと思うので、ぜひ最後までお付き合いください!

 

 

 

今回ご依頼をいただいたのは、神奈川県川崎中原区の一戸建てにお住いの方で「屋外のキッチンの排水管から水漏れしているから直してほしい」というご依頼でした。

 

ご相談をいただいてから弊社のベテランスタッフが現場を確認してみると、床から5m以上高いところにある排水管のエルボから、水漏れが起きている状態です。

 

ここからは、高所の排水管を補修するうえで、注意するべきポイントや作業の流れについてご説明していきます!

 

 

 

【破損した排水管を補修する方法】

 

屋内とはちがって、屋外での排水管の補修には転落事故などのリスクが伴います。

 

とはいえ、しっかりと安全を確保して作業をすれば問題はないので、作業するうえで大事なポイントについてご説明します!

 

 

①状況をきちんと確認する

 

今回破損していた排水管は、床から5.4mほども高いところにありました。

 

破損していた箇所はエルボでしたが、エルボから壁がかなり近くの状態でした。

 

さらに、直管の位置が短く、そのうえトミジ管の金属部分が錆びていたので、屋外からの補修は困難な状況でした。

 

屋外の排水管を補修する場合は、このようにまずしっかりと状況を判断する必要があります。

 

もし確認を怠って作業を行うと、思わぬ事故につながる危険性があるので、しっかりと確認を行います。

 

今回のケースでは、屋外からの補修作業が難しい状況なので、管が挿さっている浴室の天井の途中から管を補修することにしました。

 

 

②お風呂の天井からの作業

 

ユニットバスの天井を開けて、破損している排水管の補修作業を行いました。

 

 

③破損している箇所を切断して補修用の管を接続する

 

補修する管は、塩ビ管の『VU50』を用意しました!

 

レシプロソー(パイプ切断用の工具)で破損している箇所を切断して、用意しておいた補修用の管を接続します。

 

新しく付け直した管は、立てバンドとT字足で壁に固定しました。

作業場所は高所なので、2連バシゴを使います。

 

ハシゴをかけようとしたところ、カーポートと家の壁が近かったので、カーポートのアクリル板を外して、2連ハシゴをかけました。

 

 

④通水して問題がないかを確認する

 

補修作業が終わったら、水を流してみて水漏れが起きないことを確認して、無事に作業は完了です!

 

 

 

【高所作業】

 

高所作業は、4m程度であれば通常の5尺のハシゴで行えますが、それ以上だと2連ハシゴを使います。

 

もしもハシゴをかけることが困難な状況では、高所作業車をレンタルする必要があります。

 

 

そういったことも含めて、弊社のベテランスタッフが現場を確認して、最善の対応方法をご提案致します!

 

 

 

【屋外排水管について】

 

排水管は、流している排水によって種類が変わります。

トイレの排水は『汚水管』といって、塩ビ管の径が『VU75』『VU100』です。ご存じのように雑排水と違って大きなものが通ることを想定しているのでサイズは大きめになっています。

 

風呂、洗面、台所、浴室の排水は『雑排水管』といって、塩ビ管の径の主流は『VU40』『VU50』です。

 

屋外の露出配管の場合は、T字足と立てバンド、もしくはバンドで壁にビスを打って固定します。

 

また、排水管は両端が固定されて動かないので、糊しろを考えると、そのまま排水管を入れて糊付けはできません。

 

そこでヤリトリソケットという伸縮できるソケットを用いることで、両端が固定されている管でも補修が可能です。

 

このように、状況に合わせて臨機応変に対応する必要があります!

豆知識「VP管・VU管」ってなに?

 

塩ビ管と言われて想像する、灰色の塩ビ管です。

 

正式名称「硬質ポリ塩化ビニル管」といい、排水管は管径がφ40~φ150程度まで使われており、パイプの肉厚により言い分けられています。

 

VP管:厚肉のVP管は圧力管路を中心に幅広い用途で活躍しています。

 

屋内外の給水管、雑排水管として利用されています。トイレはΦ75、100、雑排水(台所、洗面所、洗濯機、お風呂)はΦ40、Φ50が一般的です。

 

内面が非常に滑らかで摩擦抵抗が小さくスライムなどが付着しにくいため、長年にわたり効率よく排水できます。

 

VU管:VP管と比べて薄肉です。VP管より低い設計内水圧向けとして制定されています。

 

主に一般の戸建住宅や簡易な排水設備などの無圧管路に使用されます。

 

薄肉管なのでVP管と比べて重量が軽くなっていますが、中~高圧管路用には使用できません。

 

また、径が小さい程、曲がり幅を小さく出来るので狭いところの作業は容易です。

(参考:塩ビ管の種類) 

●神奈川水道(水道局指定工事店)~弊社について~


【弊社作業内容】
一戸建て・マンション・店舗においてキッチン(台所、厨房)、トイレ、浴室、洗面所、洗濯等の水道トラブルを熟練のスタッフが丁寧に修理しますので安心してお任せください。
配管の水漏れを修理をしたい、配管の引き直しをしたい、下水つまりの解消、下水管を修理したい等のご要望も、高い技術で信頼と実績がございます。


【その他の作業】
階下漏水や屋外の水栓柱・散水栓の水漏れ(土、コンクリート)、蛇口の修理・交換、トイレの修理・交換、洗面化粧台交換、製氷機の設置等にもスピーディーに対応します。


【お見積り】
ご相談・お見積りは無料で、お気軽にご相談下さい。
出来るだけご希望金額に沿えるように致します。


【営業時間】
年中無休で9~23時まで営業しておりますので、電話またはお問い合わせメールより、お気軽にご連絡ください。(場合によっては夜間対応も実施します)
現場をみて無料でお見積り致します。予定が空いていれば即日対応致します。


【資格】
給水装置工事主任技術者の資格を有しています。


水道局指定工事店です。

◆県営水道指定給水装置工事事業者(茅ヶ崎市)認定番号3021


・対応地域
神奈川県全域を対応致します。

【政令都市】横浜市、川崎市、相模原市

【横須賀三浦地域】横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町

【県央地域】厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村

【湘南地域】平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町

【県西地域】小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町

日程の都合がつけば、静岡県東部や東京都内も対応しますのでお気軽にお問合せ下さい。

現場を見て最適な方法をご提案いたします。

水道トラブルでお困りの際は神奈川水道へお問合せ下さい。