愛川町で床下の鉄管の水漏れを修理しました

2020/11/01 ブログ
鉄管の水漏れ

時間が経って劣化してしまうことで起きる『鉄管からの水漏れ』

今回は、そんな鉄管からの水漏れに関するご相談をいただきました!

 

今回のご依頼は、神奈川県愛川町の一戸建て住宅で、その一戸建てを賃貸している大家さんからいただきました。

 

住宅の床下にある鉄管から水漏れしているとのことでした。ですが、最初は大家さんも気がつかなかったようで、たまたま頼んだシロアリ駆除の業者から指摘をうけて気づいたようです。

 

業種を超えて指摘して下さったお陰で今回の修理をすることが出来ます。シロアリ駆除の業者さんに今回は感謝ですね。

 

おかげで、我々水道業者も早めに対処できます。

 

床下の鉄管は、このように発見が遅れてしまうケースが多く報告されています。

 

お家の床下に入るということは、今ではあまりないかもしれません。なので、この機会にあなたのお家の床下もしっかりとチェックしてみてください!

 

 

【床下点検口から入って、鉄管の修理】

 

ここからは、こちらのケースを弊社のスタッフがどのように解決したのか、修理の流れや大切なポイントをご紹介していきます!

 

 

①まずは状況の確認

 

水漏れが起きてしまうと、床下に水が溜まったり、高額な水道料金の請求がきてしまうというリスクがあります。なので、できるだけ迅速にこの問題を解決する必要がありますが、なにはともあれしっかりと状況を確認することが大事です!

 

ご依頼をいただいたお家についてお話を聞いてから、すぐに台所の床下点検口から入っていきました。そして、床下を潜って漏れている鉄管の箇所を確認したところ、たしかに鉄管から水がポタポタと漏れていました。

 

 

②LAジョイントで菅同士を固定する

 

水が漏れていない箇所をサンダー(切断用の電動工具)で切断し、鉄管にLAジョイントをつなげました。

 

LAジョイントとは、ネジ切りされていない『ぼうず菅』と切断した『鉄管』を直接つなげることができる継手のことです。

本来であれは、ぼうず管と鉄管はネジで固定しなければいけませんが、このジョイントがあればネジがなくても管同士を固定することができます!

 

このLAジョイントから、通常のビニール管よりも強度があるHIVP(耐衝撃性塩ビ管)を使って配管を引きました。

 

 

③配管を推薦ソケットで固定する

 

破損していた鉄管は洗面所の蛇口につながっている配管だったので、洗面所の床にホルソー(穴開け専用の工具)で配管を出す穴を開けて、床に座付き水栓ソケットで固定しました。

 

床上からはステンレスの給水管とストレート形止水栓をつなげて、さらに蛇口のホースを止水栓につなげて、配管の施工は完了です!

 

 

【鉄管の取外しについて】

 

今回のケースでは、鉄管の途中をサンダーで切断してLAジョイントを使って菅同士を接続しました。ですが、鉄管は本来ネジで接合されているので、ネジ接合が外せる場合については、パイプレンチ2丁を使ってネジ接合の箇所で取り外します。

 

取り外したネジにHIVPの水栓ソケットをつなげれば、塩ビ配管ですぐに補修することができます。

 

 

【施工後の水漏れ確認】

 

修理が完了したあとに忘れてはいけないのが、修理施工後に水漏れが起きていないかの確認です!

 

もしも作業後に水漏れが起きてしまったら、お客様からの信頼を失いかねません。なので、どんなに忙しいときでもこの確認作業はしっかりと行っています。

 

 

●水漏れの確認作業

 

作業前に閉栓しておいた水道メーターを開栓し、通水してみても水漏れが起きなかったので、HIVPの上に保温材を被せて、最後にキャンパステープを巻いて作業は完了です!

 

今回水漏れが起きている箇所が鉄管だったので、てっきり給水配管だとばかり思っていましたが、よくよく調べてみると実は給湯配管だったことがわかりました。

 

給湯用の配管で鉄管を使うのはとても珍しいケースです。なぜなら、液温が高いお湯の場合は鉄が錆びやすくなってしまうからです。

 

給湯配管は、通常であれば錆びに強い銅管か耐熱性塩ビ管、もしくは架橋ポリ管を使います。

 

 

 

【配管の引き直し】

 

今回は鉄管の一部分だけの修理でしたが、鉄管の場合は年数が経つと全体的に錆びてきます。

 

このような場合に関しては、今回のような一部だけの修理は応急的な対応にすぎません。ただ、ご家庭ごとに予算的な問題もあると思います。

 

今回のお客様にもきちんとご説明しましたが、ご予算の関係で一部だけの修理を選択されました。きちんとお客様から同意を得られなければ、こういった作業を勝手にすることは絶対にありません。

 

しっかりと水漏れを解決するのであれば、水道メーターから各蛇口まで新しい配管を引き直すことが最善の選択ですが、弊社ではお客様のご都合に合わせて対応いたします。

 

弊社のベテランスタッフが、直接現場を見て最善の対応方法をご提案致しますので、安心してお任せください!

豆知識「思わぬトラブルを避けるために」

 

皆さん、お問い合わせの時からたぶん、不安と焦りがあって困ってご連絡下さっているので、精一杯迅速に対応させて頂こうと、努力しています。

 

しかし、いざ現場に行ってみると、その場ですぐ対応できないような部品を使っている配管だったり、お話を聞いていた様子とだいぶ違って、大きな工事になりそうだったりと、その日中に・数時間で対応できない事も多々あります。

 

ご予算もある中で、想定外の金額を提示してしまったようで、困った顔をしながらお支払いして下さった方もいらっしゃいました。

 

水回りの工事は、予想外のことが多々あります。お電話で「だいたいどれくらい(の金額)掛かりますか?」と聞かれますが、正直ハッキリとはお答えできないのが実情なのです。

 

しかし、工事前でしたら”お見積もりは無料”ですので、他社と見積もりを比較してからの工事依頼で構いません。

 

お急ぎでない場合は、そちらもご検討ください。

●神奈川水道(水道局指定工事店)~弊社について~


【弊社作業内容】
一戸建て・マンション・店舗においてキッチン(台所、厨房)、トイレ、浴室、洗面所、洗濯等の水道トラブルを熟練のスタッフが丁寧に修理しますので安心してお任せください。
配管の水漏れを修理をしたい、配管の引き直しをしたい、下水つまりの解消、下水管を修理したい等のご要望も、高い技術で信頼と実績がございます。


【その他の作業】
階下漏水や屋外の水栓柱・散水栓の水漏れ(土、コンクリート)、蛇口の修理・交換、トイレの修理・交換、洗面化粧台交換、製氷機の設置等にもスピーディーに対応します。


【お見積り】
ご相談・お見積りは無料で、お気軽にご相談下さい。
出来るだけご希望金額に沿えるように致します。


【営業時間】
年中無休で9~23時まで営業しておりますので、電話またはお問い合わせメールより、お気軽にご連絡ください。(場合によっては夜間対応も実施します)
現場をみて無料でお見積り致します。予定が空いていれば即日対応致します。


【資格】
給水装置工事主任技術者の資格を有しています。


水道局指定工事店です。

◆県営水道指定給水装置工事事業者(茅ヶ崎市)認定番号3021


・対応地域
神奈川県全域を対応致します。

【政令都市】横浜市、川崎市、相模原市

【横須賀三浦地域】横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町

【県央地域】厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村

【湘南地域】平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町

【県西地域】小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町

日程の都合がつけば、静岡県東部や東京都内も対応しますのでお気軽にお問合せ下さい。

現場を見て最適な方法をご提案いたします。

水道トラブルでお困りの際は神奈川水道へお問合せ下さい。