海老名市でキッチンの排水栓を取り替えました

2020/11/17 ブログ
排水栓の修理

今回ご紹介するのは、排水栓からの水漏れに関するトラブルです。

 

排水栓が経年劣化によって破損し、水漏れが起きてしまうというケースはとても多いです。

 

今回の内容も、あなたにとってかならず参考になる内容となっているので、ぜひ最後までご覧ください!

 

 

 


今回ご依頼をいただいたのは、海老名市の一戸建てにお住いの方で「排水栓から水漏れしている」というご相談でした。

 

弊社のスタッフが直接現場を確認してみると、排水栓とシンクの継ぎ目から、水がポタポタと滴っている状態でした。

 

 

このように、排水栓が劣化することで亀裂が発生し、そこから水漏れが起きてしまうということは、よくあるケースです。

 

こういったケースの場合は、まずはじめに水漏れの原因となっている排水栓を交換する必要があります。

 

 

なので、今回も基本に忠実に、まず新しい排水栓にお取り替え致しました。今回交換したのは『サンエイ水栓製のH651A』です。

 

H651Aはオーバーフロー管付きで、サイズは直径180㎜で高さ277㎜の製品です。

 

排水栓を取り付けた経験がないという方もいらっしゃると思いますので、排水栓の具体的な交換方法についてご説明致します。

 

 


【正しいサイズの排水栓を選ぶためにチェックするポイント3つ】

 

新しい排水栓に交換する場合、正しいサイズの排水栓を選ぶために、各箇所のサイズをきちんと測定する必要があります。

測定する箇所や重要なポイントを3つご説明するので、ぜひ参考にしてください!

 

①シンクホールの直径を測る

 

排水栓のサイズを決めるうえで一番重要なのが、シンクホールの直径です。

もしもシンクホールの直径をきちんと測らずに排水栓を選んでしまうと、排水栓の径とシンクホールの直径が合わないので、シンクに取り付けることすらできません。

 

なので、排水栓のサイズを決めるときには、かならずシンクホールの直径を測りましょう!

 

 

②排水栓の高さを測る

 

シンクホールの直径を測ったら、つぎは排水栓の高さを測ります。

排水栓の高さについては、もし多少違っていたとしても、排水栓下の排水ホースや塩ビ管で調整できる場合があります。

とはいえ、できるだけ最適な高さに調整する必要はあります。

 

なぜかというと、もしも既存の排水よりあまりにも長くなってしまうと、排水の勾配が取れなくなってしまうからです。

 

そうすると排水内の水が流れなくなるので、排水が詰まって水が流れなくなり、下水の悪臭が漂ってきてしまうことがあります。

 

こういったリスクを回避するためにも、できるだけ排水栓の高さは最適に調整することをおすすめします!

 

 

③排水栓にオーバーフロー管が付いていることを確認する

 

シンクホールの直径と排水栓の高さを測ったら、排水栓にオーバーフロー管が付いているかどうかの確認もしましょう。

 

オーバーフロー管が付いていないと、汚水が逆流してしまう原因になるので、かならず確認してくださいね!

 

これら3つを確認できたら、サイズの合う排水栓を発注します

 

発注してから到着するまでに数日かかりますが、排水栓が到着したらすぐに現場に向かい、迅速に新しい排水栓とお取り替えいたします。

 

 

 


【排水栓の接続手順】

 

①排水栓をシンクから外す

 

排水栓は、シンクにナット締めで取り付けられているので、取り外す際はナットを反時計回りに回すと簡単に取り外すことができます。

 

 

②オーバーフロー管のナットと排水ホースを外す

 

すべてのナットを外したら、次はオーバーフロー管のナットと排水ホースも外します。

そうすると、あとは排水栓を手で下に引くだけで、簡単に外すことができます。

 

 

③シンクの隙間のゴミをとる

 

新しい排水栓を取り付ける前に、シンクの隙間にゴミが無いかを確認し、ゴミがあればきちんと取り除きましょう。

 

もしもシンクの隙間にゴミが詰まっていると、その部分に隙間ができてしまって水漏れの原因になります。

 

 

③新しい排水栓を取り付ける

 

既存の排水栓を取り外したら、用意しておいた新しい排水栓を取り付けます。

外すときとは逆に、ナットを時計回りに回せばナットが締まるので、排水栓を固定することができます。

 

 

④オーバーフロー菅と排水ホースを接続する

 

最後に、オーバーフロー管と排水ホースも接続します。

 

すべての施工過程が完了したら、テストとして水を流してみて、水漏れが無ければ作業は完了となります。

 

排水栓というものは、キッチンの排水口に付いている大事な封水機関です。

 

洗面所などではSトラップなどと分かりやすく「トラップ」という言葉を使用しているので、排水栓がそのトラップの役割を果たしているという事をご存じではないかもしれません。

 

しかし、そもそも排水栓は必要なのか…

 

 

************

キッチンのシンクの排水栓は、排水トラップが一体となったものです。

 

お椀のような形状の部材が使われていることからワントラップと呼ばれ、トラップに「水封の水」といわれる排水を溜めておくことで、臭気が上がってくることを防ぐ構造となっています。

 

排水栓には、ゴミ受けや蓋も付属しています。

 

 

長年の使用によってトラップの内部に汚れが溜まってしまうことは、トラップの詰まりや流れの悪さ、臭気の原因の一つです。

 

ゴミ受けをきれいにしても、排水が改善しない場合には排水栓を交換しましょう。

 

排水栓とシンクの接続部からの水漏れで、パッキンの摩耗による場合には、パッキンの交換で済みます。

 

 

キッチンのホースやパイプなどの排水管が詰まっているときに、清掃を行っても詰まりが解消しない場合には、排水管の交換を行います。

 

排水管に物をぶつけるなどして、破損した場合の修理も排水管の交換を行います。

 

排水管の水漏れの際に使用するテープもありますが、これは応急措置用です。流し台用ホースには差し込み式とねじ込み式があり、シンクが一層用のものと二層用のものがあります。

 

 

排水栓の交換では、排水栓を締め付ける工具として、「流し排水栓スパナ」が必要です。

 

排水栓や排水管の交換では、トラップ等に溜まっていた水が出ますので、バケツなどの受けを用意しておきます。

 

しかし、交換後の締め付けが甘い等の施工不良があると、水漏れを起こす可能性があります。また、流し台用ホースは、シンクの形状や排水栓に合ったものを選択することが必要ですので、DIYに慣れた人でなければ適切なものを判断するのは難しいでしょう。

 

交換時の水漏れなどのトラブルを防ぐためにも、排水栓やホースの交換は専門業者への依頼が望ましいです。(引用:ホームプロ

 

 

************

排水栓の構造として、ホースや排水栓、防臭キャップなど、色々な形状のもので構成されているので、水漏れや修理が必要になる部分もたくさんあります。

 

キッチンの設置から十数年経っていた場合交換をお勧めしますが、もちろんご予算に応じて対応することも出来ます。

 

豆知識「トラップ」ってなに?

 

一般的にトラップと言うのは、汚臭が排水口から出てこないようにするための設備です。

 

・洗面所は「Sトラップ」「Pトラップ」という配管の方法で水をフタにする形で、汚臭が排水口から出てこないようにしてあります。

 

・台所は、「排水栓」と言うわん型トラップが一体になった排水口が付いており、こちらも水がフタになるように、工夫されています。

 

・浴室は、「封水筒」と言う部品を使用した筒状のトラップが付いています。これは、ドラムトラップと言う形式で、ある一定の水が溜まると流れていきますが、それ以外の水が留まって、汚臭の流入を防ぐ構造です。

 

・そして、トイレですが、皆さんもご存じのように、普段から水が便器に溜まるようにして、汚臭を室内に流れ込まないようにしてあるトラップです。

 

【排水管の洗浄でにおいを撃退!家庭で出来る対策とは】

 

浴室や洗面所、キッチンの水回りから何か臭うような気がする…そんな経験はありませんか?原因がわからず困っている人も多いでしょう。

なぜ排水管がにおいの原因となりやすいのか、その理由とにおいの解決方法をご紹介します。

 

 

一般的な住宅には、水を使う場所に排水管にトラップが備わっています。主に、キッチンや浴室、洗面所や洗濯機の設置場所、トイレなどの水回りです。

 

同じトラップと言ってもそれぞれ目的に合わせて配置されており、排水管には主に3つの機能があります。

 

①お風呂などで使った汚水を家の中で漏らすことなく外へと出す排水機能がその一つです。

 

②また、使った水にはゴミや髪の毛などが含まれています。そういった異物を除去するフィルタリング機能が備わっています。

 

③3つ目は異臭防止機能です。排水に含まれる汚れが放つ嫌な臭いをシャットアウトし、排水口から漏れないようにしてくれます。

 

排水口からのにおいは、排水トラップやゴミ受け、排水管の中にぬめりや汚れがこびりついていることが原因の場合が多いです。

 

洗濯機や浴室・洗面所の排水口では髪の毛や糸くず、石鹸カスや皮脂などが汚れの元となり異臭を放ってしまいます。

 

キッチンの排水口では、調理や食器洗いの際に付着した食べカスや油汚れがにおいの原因となることが多いでしょう。

 

浴室では浴槽や壁、床などの掃除をしていないと、皮脂汚れや石鹸カスがこびりついたままになってしまいます。さらに換気をしていないと湿気が溜まっているため、カビや雑菌が繁殖して悪臭を放つ場合があります。

 

洗濯機付近のにおいの場合、排水口の他に、洗濯槽内にカビが発生している可能性もあります。

 

臭いを放つ状態の排水管の内容物を分析してみますと、油脂分と有機物がほとんど占めており、この付着物に細菌、真菌、原虫などの微生物が増殖し、発酵することにより悪臭が発生します。

 

そしてこの付着物は細菌の増殖にともなって細菌が分泌した粘液でできるスライムとともに灰黒色の軟泥状の皮膜に成長し、不快なだけでなく極めて非衛生的なものです。

 

排水が流れる排水管は、定期的なメンテナンスが欠かせません。
パイプクリーナーや洗濯槽クリーナーなどを活用して、快適な生活を手に入れましょう。
(引用:MISAWA

 

●神奈川水道(水道局指定工事店)~弊社について~


【弊社作業内容】
一戸建て・マンション・店舗においてキッチン(台所、厨房)、トイレ、浴室、洗面所、洗濯等の水道トラブルを熟練のスタッフが丁寧に修理しますので安心してお任せください。
配管の水漏れを修理をしたい、配管の引き直しをしたい、下水つまりの解消、下水管を修理したい等のご要望も、高い技術で信頼と実績がございます。


【その他の作業】
階下漏水や屋外の水栓柱・散水栓の水漏れ(土、コンクリート)、蛇口の修理・交換、トイレの修理・交換、洗面化粧台交換、製氷機の設置等にもスピーディーに対応します。


【お見積り】
ご相談・お見積りは無料で、お気軽にご相談下さい。
出来るだけご希望金額に沿えるように致します。


【営業時間】
年中無休で9~23時まで営業しておりますので、電話またはお問い合わせメールより、お気軽にご連絡ください。(場合によっては夜間対応も実施します)
現場をみて無料でお見積り致します。予定が空いていれば即日対応致します。


【資格】
給水装置工事主任技術者の資格を有しています。


水道局指定工事店です。

◆県営水道指定給水装置工事事業者(茅ヶ崎市)認定番号3021


・対応地域
神奈川県全域を対応致します。

【政令都市】横浜市、川崎市、相模原市

【横須賀三浦地域】横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町

【県央地域】厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村

【湘南地域】平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町

【県西地域】小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町

日程の都合がつけば、静岡県東部や東京都内も対応しますのでお気軽にお問合せ下さい。

現場を見て最適な方法をご提案いたします。

水道トラブルでお困りの際は神奈川水道へお問合せ下さい。