座間市で飲食店の水栓に繋がっている給水管の水漏れを修理しました

2021/10/07 ブログ
飲食店の給水管水漏れ

座間市で飲食店の水栓に繋がっている給水管の水漏れを修理しました。

 

座間市の店舗で厨房のシンクの水栓に繋がってる給水管(フレキ管)から水漏れが有りましたので対応致しました。

 

給水管は何種類ありますが、今回はフレキ管のフレキナット付近から水漏れでした。

 

【フレキ管の交換】

フレキナットのパッキンが経年劣化で溶けて水漏れしていましたので、パッキンを交換しました。

また、フレキ管自体も経年劣化していたので交換しました。

フレキ管とは、自分の手で曲げられる管で長さを調整して作ることが出来ます。

フレキ管の束10mを車に積んでいて、任意の長さでフレキカッターを用いて切断します。

そして、フレキナットを管の両側に取り付ける為に、ツバ出し機とハンマーを用いて、ツバを作ってフレキナットを固定します。

取り付けるフレキ管が出来れば、取り付ける位置へ持って行って接続するだけです。

注意点としては、パッキンを真っすぐ入れることです。

パッキンが噛んだりすると隙間が出来て水漏れが起きてしまいます。

 

【水漏れ確認】

フレキ管を接続したら、バルブを開けて通水します。

通水後に水漏れが無ければOKで作業は完了となります。

 

【給水管の他の種類】

給水管はフレキ管の他に鉄管や銅管、塩ビ管、架橋ポリ管などがあります。

 

鉄管を交換する場合はネジ接続なので、ネジで外せる状態であればいいですが、固着していたらバーナーで炙ってからパイプレンチで回したり、直管部で切断したりする必要が有る場合があります。

 

銅管を交換する場合は管を銅管カッターで切断し、ワンタッチソケットか溶接する必要が有ります。

 

塩ビ管や架橋ポリ管の交換は塩ビカッターで切断し、ソケットを取り付けます。

 

それぞれの管種によって既存管の取外し方、新管の取付け方に違いがありますので、現場を見て対応方法をご提案致します。

 

 

【弊社作業内容】
一戸建て・マンション・店舗において配管、キッチン、浴室、トイレ、洗面所、洗濯等の水道トラブルを熟練のスタッフが丁寧に修理します。
水道局指定工事店です。

【お見積り】
ご相談・お見積りは無料です。


【営業時間】
年中無休で9~23時まで営業しております。

・対応地域
神奈川県全域を対応致します。
【政令都市】横浜市、川崎市、相模原市
【横須賀三浦地域】横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町
【県央地域】厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村
【湘南地域】平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町
【県西地域】小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町

水道トラブルでお困りの際は神奈川水道へお問合せ下さい。