マンションの給湯器交換について交換タイミングや費用・注意点などをご紹介

2023/12/17 ブログ
給湯器

寒い時期になってくると稼働率が上がりやすいのが「給湯器」ですね。

自宅やマンションでお風呂にお湯を入れるだけでなく、洗い物など何かしら水を使うことはできればお湯にしたくて給湯器を稼働させることが多いです。

今回はそんなマンションの給湯器交換について交換タイミングや費用・注意点などをご紹介いたします。

マンションの給湯器交換タイミングは10年ぐらい

マンション 給湯器交換1

マンションに限らず戸建てなどどのような物件でも、給湯器の交換タイミングは10年ぐらいになります。

というのも給湯器のメーカーが設けている保証期限は基本7年~10年ぐらいだからです。

大体10年ぐらい経過すると給湯器の故障が発生し、部品交換で対応しようとしても対応できないため交換になります。

給湯器から交換のサインが出る

実際に10年ぐらい給湯器を使っていると、お湯が出なくなったり追い焚きしてくれなくなる・給湯器から異音や異臭が発生など、交換のサインが出やすいです。

交換のサインではありますが、場合によっては個人で対応できるようなものもあります。

どうにもならないようなら、管理会社に連絡し一度業者の方に点検してもらうのがおすすめです。

マンションの給湯器交換費用は14~23万程度

マンション 給湯器交換2

では気になるマンションの給湯器交換費用ですが、大体14~23万程度かかります。

10万もの振り幅があるのは、設置する給湯器のタイプによって給湯器本体の値段が変わってくるからです。

できれば安く済ませたいと思っても、マンションによっては割高な給湯器しか設置できないというケースもあります。

交換工事の費用自体は4~5万程度

マンションの給湯器交換費用には交換工事の費用も含まれており、大体4~5万程度になります。

内容としては給湯器本体の交換・設置にガス管や給水管の接続・試運転などがあります。

新しく設置する給湯器が以前のものとタイプが異なると追加工事が必要な可能性があるので、工事前に見積もりをしてもらったり工程の確認をしておきましょう。

マンションの給湯器交換での注意点

マンション 給湯器交換3

マンションの給湯器交換での注意点としては以下のものがあがります。

  • DIYで交換作業はNG
  • 業者ごとの保証を確認しておく
  • 業者が必要な資格を持っているか確認
  • 居住者の人数で給湯器の号数を選ぼう

自身でDIYでの交換はNGですし、業者ごとの保証確認や必要な資格を持っているかの確認といったものがあります。

ここからは、上記のマンションの給湯器交換での注意点に関して、詳細な内容を記載していきます。

DIYで交換作業はNG

普段からDIYしているような人だと、「本体だけ購入して自分で交換すれば工事費が浮くのでは?」と考えることも少なくはないです。

残念ながら給湯器交換には必要な資格が存在しているほど専門性の高いものになっています。

資格も持たずに適当なDIYで交換作業をすると、水漏れ・ガス漏れ・漏電といった事故が起こる可能性があるので、自身での交換は止めましょう。

業者ごとの保証を確認しておく

給湯器自体にメーカーの保証期間がありますが、それとは別に業者側からも保証が実は用意されています。

故障した際に有償か無償になるのかや保証の期間・対象範囲・条件などどういった内容なのか確認しておいたほうが良いです。

交換後にトラブルになったりしないためにも、納得の行く保証やサポートを受けられるところを選びましょう。

業者が必要な資格を持っているか確認

給湯器の交換は専門性の高い工事なので、業者側が対応した資格を持っているかの確認も必要です。

ガス工事の資格である官位内管施工士や液化石油ガス整備士といったものが必要ですし、電気工事の第2種電気工事士や水道工事の給水装置工事主任技術者が必要になります。

ちゃんとした資格を保有している業者を選ぶ必要がありますし、工事を担当する人が必要な資格を持っているかの確認もする必要があります。

居住者の人数で給湯器の号数を選ぼう

給湯器は能力を表す号数によって性能が違っているので、交換の際居住者の人数に対応した性能のものを選ぶ必要があります。

一人暮らしなら16号、夫婦など2人ぐらいなら20号、4人ぐらいなら24号を選ぶのが良いですね。

大体16~24号から選ぶ場合が多いですが、家族の人数が多く使用するお湯の量が多いなら、一度メーカーに相談してみましょう。

まとめ

マンション 給湯器交換4

今回はマンションの給湯器交換について、タイミングや費用・注意点などをご紹介しました。

給湯器は10年ぐらいしかもたないので、寿命が就きそうなサインが出た時は交換の相談を一度行ってみてください。

本体だけ購入して自身で交換するといったことはせず、きちんと資格を保有している業者へ依頼するようにしましょう。

豆知識「給湯器」ってなに?

 

ガス給湯器には水、ガス、電気が必要

給湯器でお湯をわかすためには「水」、水をお湯にするための燃料となる「ガス」、給湯器自体を動かすための「電気」が必要です。そのため、給湯器には水道管、ガス管、電源線が接続されています。

 

そして、沸かしたお湯を住宅内の蛇口やお風呂に供給するために、給湯器からは給湯管や、お風呂の追い焚き管が出ています。

 

水からお湯になるまで

ガス給湯器は、水の通水がスイッチ代わりになっています。そのため、蛇口のお湯ハンドルをひねったり、リモコンでお風呂へのお湯はりボタン、追い焚きボタンが押されると、給湯器内部に通水が始まり、給湯器内部にある水量センサーが感知して、お湯の温めが開始されます。

 

給湯器内部に通水した水は、ガスを利用した熱交換器という機械でお湯に温められ、給湯管や追い焚き管を通って蛇口や浴槽に給湯されます。

 

水の通水がスイッチになっている給湯器ですが、機器自体は電気で動いているため、停電の際はリモコンがあってもお湯を出すことができません。
(引用:交換できるくん

また、給湯器はガスを使っているので、水道屋に給湯器の交換は出来ません。給湯器の専門業者へご連絡ください。しかし、水漏れなどの修理は水道屋の専門分野です。お任せください。

●神奈川水道(水道局指定工事店)~弊社について~

【弊社作業内容】
一戸建て・マンション・店舗においてキッチン(台所、厨房)、トイレ、浴室、洗面所、洗濯等の水道トラブルを熟練のスタッフが丁寧に修理しますので安心してお任せください。
配管の水漏れを修理をしたい、配管の引き直しをしたい、下水つまりの解消、下水管を修理したい等のご要望も、高い技術で信頼と実績がございます。


【その他の作業】
階下漏水や屋外の水栓柱・散水栓の水漏れ(土、コンクリート)、蛇口の修理・交換、トイレの修理・交換、洗面化粧台交換、製氷機の設置等にもスピーディーに対応します。


【お見積り】
ご相談・お見積りは無料で、お気軽にご相談下さい。
出来るだけご希望金額に沿えるように致します。


【営業時間】
年中無休で9~23時まで営業しておりますので、電話またはお問い合わせメールより、お気軽にご連絡ください。(場合によっては夜間対応も実施します)
現場をみて無料でお見積り致します。予定が空いていれば即日対応致します。


【資格】
給水装置工事主任技術者の資格を有しています。


水道局指定工事店です。

◆県営水道指定給水装置工事事業者(茅ヶ崎市)認定番号3021


・対応地域
神奈川県全域を対応致します。

【政令都市】横浜市、川崎市、相模原市

【横須賀三浦地域】横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町

【県央地域】厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村

【湘南地域】平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町

【県西地域】小田原市
、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町

日程の都合がつけば、静岡県東部や東京都内も対応しますのでお気軽にお問合せ下さい。

現場を見て最適な方法をご提案いたします。

水道トラブルでお困りの際は神奈川水道へお問合せ下さい。