排水管更生工事とは?更新工事との違いやメリット・デメリットをご紹介

2024/01/14 ブログ
logo

マンションなど人々が暮らしている建物には基本的に水やガスが供給できるように管が張り巡らされています。

水に関しては供給するだけでなく、使った後の水を外へ運び出すため、排水管も建物内に張り巡らして設置されています。

今回はそんな排水管を更生するための工事である排水管更生工事に関して、どんな工事なのかを始め更新工事との違いやメリット・デメリット・依頼業者選びまでご紹介いたします。

排水管更生工事とは?

排水管更生工事1

排水管更生工事とは、今現在使用されている排水管内をキレイに洗浄し、腐敗などを防ぐために特殊な樹脂でコーティングして更生させる工事のことです。

管は基本鉄で作られており20年以上も経過すると錆や汚れで腐食が起こり、そこから水漏れや異臭が発生したりします。

そういったことが起こる前に排水管の更生工事を行い、配管の寿命そのものを延命させるわけです。

更新工事との違い

今現在使われている排水管を更生する排水管更生工事に対して、古くなった排水管を新しい配管へと取り替えるのが更新工事です。

新品の配管を使うため、排水管更生工事よりも耐久期間が長くなるのと同時に、漏水の危険性がグッと低くなります。

その代わり排水管更生工事よりも工事規模が大きくなりますし、新しい配管を使うので工事の規模と合わせて費用が大きくなりやすいです。

排水管更生工事のメリット

排水管更生工事2

メリットとしては施工期間が短めなことや、工事費用を抑えられること、施工内容を排水管の状態・状況に合わせたものにできるといったことがあります。

また現在使われている排水管を更生するだけなので、建物自体を買いたいしたり復旧させるといった作業がなく、騒音や振動といった近隣への影響も出ないです。

このように配管に関するトラブルが発生しにくくなるのと同時に、大事な建物の寿命を延命させることまで可能です。

排水管更生工事のデメリット

排水管更生工事3

排水管自体の劣化や腐食があまりに進んでしまっていると、排水管更生工事を施すことができないです。

工事を施工してからの耐用年数としては10~20年程度で、年数経過後はまた排水管更生工事が必要になりますね。

騒音や振動といった近隣への影響が出にくい代わりに、住民から安全性・衛生面に関する不安が出る可能性があります。

排水管更生工事を依頼する際の業者選びポイント

排水管更生工事4

これから排水管更生工事を業者へと依頼する場合、以下のポイントを重視するのが良いです。

  • 必要に応じた提案をしているか
  • 多数の工法を行った実績があるか
  • 住民への工事説明にも協力してくれるか

以前交換してからそこまで年数が経過していないのに更新工事を提案してくるような業者もいるので、きちんと排水管の状況を見て必要に応じた提案を行っているか見極める必要があります。

排水管更生工事や更新工事には多数の工法が存在しているので、過去に色々な工法を行った実績があるかどうか、Webサイトなどで確認しておいたほうが良いです。

更生工事や更新工事は専門的な智識が必要となるため、住民に説明する際には工事のことに関する質問への返答をしてくれるなど、協力してもらえるかも選ぶ際の重要ポイントになります。

まとめ

排水管更生工事5

今回は建物内に張り巡らされた排水管の更生を行う工事「排水管更生工事」について、お教えいたしました。

排水管を交換する更新工事に対して、今現在使われている排水管を洗浄・コーティングして更生するのが排水管更生工事です。

更生工事か更新工事どちらを行うかは、今現在の排水管の状況を見てもらってしっかりと相談して決めるのがおすすめです。

【弊社作業内容】
一戸建て・マンション・店舗において配管、キッチン、浴室、トイレ、洗面所、洗濯等の水道トラブルを熟練のスタッフが丁寧に修理します。
水道局指定工事店です。

【お見積り】
ご相談・お見積りは無料です。


【営業時間】
年中無休で9~23時まで営業しております。

・対応地域
神奈川県全域を対応致します。
【政令都市】横浜市、川崎市、相模原市
【横須賀三浦地域】横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町
【県央地域】厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村
【湘南地域】平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町
【県西地域】小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町

水道トラブルでお困りの際は神奈川水道へお問合せ下さい。