トイレの水漏れが発生する4つの箇所と対処手順をご紹介

2024/05/05 ブログ
logo

普段使っているトイレは定期的に掃除をしていたとしても、ある日何かしらが原因で水漏れを発生させることがります。

トイレの水漏れが発生した場合、早めにプロへ相談して対処してもらうのが良いのですが、対処してもらえるまでにはどうしても時間がかかってしまいます。

そこでこの記事ではトイレの水漏れが発声する箇所と対処手順に関して、詳細な内容をご紹介いたします。

トイレの水漏れが発声する4つの箇所

トイレ 水漏れ1

トイレの水漏れが発生する箇所は以下の4つとなります。

  • 温水洗浄便座が原因
  • 便器本体が原因
  • 給水管が原因
  • トイレタンクが原因

温水洗浄便座や便器本体・給水管・トイレタンクといった場所から水漏れが発生しやすいです。

ここからは、上記のトイレの水漏れが発生する箇所に関して、詳細なご説明をしていきます。

温水洗浄便座が原因

トイレに温水洗浄便座を採用している場合、不具合で水漏れが起こるっことがあります。

温水洗浄便座では通常のトイレの仕組みに加えて複雑な機械が使われており、それらが故障することがあります。

部品数自体も多く内部も複雑になっているので、故障した倍は専門の業者に早めに修理を依頼したほうが良いです。

便器本体が原因

トイレで水漏れが発生した際に床まで濡れてしまっていると便器本体が原因の可能性があります。

便器本体にひび割れや破損が発生していたり、設置不良・異常といったことが原因で水漏れが起こります。

この場合個人では応急処置まではできますが根本的な修理は専門の業者に任せるしかないですね。

給水管が原因

トイレでは止水栓から給水管を使いトイレタンクへとつなげて水を供給していおり、トイレ内部に設置された給水管から水漏れが発生することがあります。

止水栓と直接接続しているので高めの水圧がかかりやすく、パッキンが経年劣化したりナットがゆるんだりして水漏れが起こります。

原因がナットのゆるみやパッキンの劣化なら個人でも直せますが、それらを直しても水漏れし続ける場合は給水管自体の交換が必要な可能性が高いでうs。

トイレタンクが原因

使用後の便器を洗浄するためトイレタンクには大量の水が貯めれるようになっているのと同時に、水漏れが発生しやすい箇所でもあります。

給水管と同じように接続部分のナットが緩んだりパッキンの劣化を始め、浮き球の破損やオーバーフロー管の破損など様々なことが原因で水漏れが起こります。

自身で修理することもできますが、正しい手順でやらないと悪化したいりするため、極力プロへ相談したほうが良いです。

トイレが水漏れした際の対処手順

トイレ 水漏れ2

トイレが水漏れした際の対処手順は以下のようになります。

  1. 止水栓を締める
  2. 電源のコードを抜いておく
  3. 水漏れ箇所の水を拭く
  4. 便器内の水を汲み取っておく
  5. 水漏れの原因や箇所を調査

まずは止水栓を締め、電源のコードを抜いて水漏れ箇所の水を拭き便器内の水を汲み取ったら、後は水漏れの原因や箇所を調査します。

以下では上記のトイレが水漏れした際の対処手順に関して、順々に詳細な説明をしていきます。

止水栓を締める

トイレ以外でも水漏れが発生した際はまず最初に止水栓を締めることを優先します。

特にトイレの場合は中の壁や床に設置されているので、探してこれ以上水が漏れてこないように締めて水漏れを止めます。

止水栓がハンドルタイプのものであれば手で回して止めることができ、それ以外の場合はマイナスドライバーを差し込んで時計回りに回せば締めることができます。

電源のコードを抜いておく

使っているトイレが温水洗浄便座の場合、コンセントを繋いで電気を供給しているため、水漏れによる水がかかったりすると故障の原因などになります。

水漏れが発生した場合は早い段階で電源のコードを抜いて、感電などを防ぐようにします。

また作業時に電源コードが濡れてしまわないように、コードやプラグ部分にビニール袋などをかぶせて濡れないようにしてください。

水漏れ箇所の水を拭く

タオル・雑巾・新聞紙といった水が吸える物を用意し、水漏れによって濡れた箇所を拭いておきます。

水の量が多い場合はバスタオルなど大きめのものを用意して水が広がらないようにします。

漏れている水が汚水の場合は使い古した雑巾か新聞紙で対処して、使い終わったら捨てられるようにしておくのが良いです。

便器内の水を汲み取っておく

水が漏れてきてるのが便器内だと判断できる場合は、便器内の水を汲み取っておくのが良いです。

自宅に灯油ポンプや柄杓があるなら、それらを活用し水を汲み取っておくことができます。

柄杓や灯油ポンプがない場合は小さなペットボトルがあれば、柄杓代わりになっておすすめです。

水漏れの原因や箇所を調査

これまで応急処置ができたら、水漏れの原因や箇所を調査しある程度調べておきます。

1度水を拭いたにも関わらず濡れているような箇所があるなら、その周辺が水漏れ箇所だと考えられます。

簡単に水漏れ箇所や原因が見つけられないようなら、水が漏れやすい箇所を1つずつ確認していきましょう。

まとめ

トイレ 水漏れ3

今回はトイレの水漏れに関して、水漏れが発生しやすい箇所と対処手順をお教えいたしました。

トイレ内で水漏れが発生しやすい箇所はある程度決まっているので、発生したらその周辺を重点的に調べてみましょう。

応急処置をしておかないと水が漏れ続けて原因や箇所を特定できないので、手始めに止水栓を締めるなど対処していくのが良いですね。

【弊社作業内容】
一戸建て・マンション・店舗において配管、キッチン、浴室、トイレ、洗面所、洗濯等の水道トラブルを熟練のスタッフが丁寧に修理します。
水道局指定工事店です。

【お見積り】
ご相談・お見積りは無料です。


【営業時間】
年中無休で9~23時まで営業しております。

・対応地域
神奈川県全域を対応致します。
【政令都市】横浜市、川崎市、相模原市
【横須賀三浦地域】横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町
【県央地域】厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村
【湘南地域】平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町
【県西地域】小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町

水道トラブルでお困りの際は神奈川水道へお問合せ下さい。